出産と一緒に考えたい生命保険

出産と一緒に考えたい生命保険

生命保険には加入しているでしょうか?もしも加入していないというのであれば、出産と一緒に加入するようにしましょう。特に一家の稼ぎ手の死亡というのは家計にとって大きな危機でもあります。最低限の生命保険には加入しておくことをお勧めします。

子供が産まれたら世帯主は生命保険に入りましょう

子供が生まれたというのであれば、世帯主に関しては生命保険に入っておくことをお勧めします。子供という存在はやはり守らなければならない存在で、自分自身でお金を稼ぐことはできません。

世帯主に万が一のことがあった場合に最低限の生活や進学ができるだけの資金というものは生命保険でカバーしてあげるというのは必要でしょう。

具体的にどのくらいのお金が必要になるのか?という点については「生活設計方式」というものでざっくりと計算することができます。
計算方法については「生活設計法で必要な保険金を見直す」でも調べることができます。

出産後も夫婦での共働きを考えているといったケースなどでは必要な金額も小さくなりますので、どのくらい必要になるのかというのはケースバイケースといえます。

「保険ショップ」のように複数の保険を比較しながら相談、検討できるところもあります。
具体的には「保険クリニック」などのようなところがお勧めです。

しかしながら、こうした保険ショップはどうしても「過剰」に保険を販売しようとする向きがあります。
上手に活用することができれば頼もしいものですが、利用者側もある程度、保険ショップの特徴や特性を知っておき、過剰な保険に入らないという考えも必要です。

保険ショップの問題点などについては「来店型保険ショップの問題点と利用者が知っておくべき事実と活用方法」でも紹介されているので、ぜひご一読をお勧めします。

 

母乳の泉 赤ちゃんニッコリブレンド

 

育児・子育てWebSite