水疱瘡(水ぼうそう) / 乳幼児の予防接種

水疱瘡(水ぼうそう)の予防接種の時期や方法、受け方

水疱瘡は水疱ウイルスに感染することによりおこる皮膚疾患です。健康な子供の場合、感染しても軽症であることが多いですが、免疫力が低下している場合などは脳障害などの合併症を引き起こすこともあるとされます。また、帯状疱疹などの原因ともなっており、任意での予防接種が行われています。任意接種。

 

水疱瘡(水ぼうそう)はいつ予防接種する?

1歳以後に1回接種すれば十分であるとされています。健康な場合は重大な症状を引き起こすリスクは低いですが、合併症のリスクもゼロではないために、念のために予防接種すると良いでしょう。

 

水疱瘡(水ぼうそう)予防接種の方法

水疱ウイルスと呼ばれる水ぼうそうを引き起こすウイルスを弱毒化した生ワクチンを皮下注射します。

 

水疱瘡(水ぼうそう)接種による効果・推奨される理由

水疱瘡(水ぼうそう)は、それ自体の症状は感染しても重度になることはすくないですが、ごく稀に重度な合併症を引き起こすことがあります。特に免疫力の低い子ほど重症な合併症を引き起こすリスクが高まります。
予防接種を受けても水疱瘡(水ぼうそう)が発症するリスクがなくなるわけではありませんが、症状はより軽度になります。

関連サイト
水疱瘡(水ぼうそう)(病気診断ガイド)

 

母乳の泉 赤ちゃんニッコリブレンド

 

 

 

 

 

 

育児・子育てWebSite