インフルエンザ / 乳幼児の予防接種

インフルエンザの予防接種の時期や方法、受け方

インフルエンザは子供だけでなく、大人もよくかかる病気ですが、抵抗力の弱い赤ちゃんや乳幼児の場合には重症化したり、合併症を引き起こすことがあるため、任意で予防接種が行われます。任意接種。

 

インフルエンザはいつ予防接種する?

13歳未満の子の場合は1〜4週間明けて、2回接種すると効果的です。流行時期を考えて、11月と12月に2回接種するのが効果的であるとされています。

 

インフルエンザ予防接種の方法

不活性化したワクチンを皮下注射にて注射します。年に2回予防接種することでウイルスに対する抗体がしっかりとできます。ただし、ワクチンには卵を利用していますので、卵アレルギーの方は予防接種できないことがあります。医師に相談しましょう。

 

インフルエンザ接種による効果・推奨される理由

インフルエンザのように、抵抗力が弱い人が重症化しやすい病気の場合、子供や乳幼児など感染したら重症化しやすい恐れがあります。また、感染、発症した場合でもインフルエンザの予防接種を行っていることで、その程度が重症化しにくくなるという特徴がありますので、ぜひ接種するようにしましょう。

関連サイト
インフルエンザ(病気診断ガイド)

 

母乳の泉 赤ちゃんニッコリブレンド

 

 

 

 

 

 

育児・子育てWebSite