お食い初め(おくいぞめ) / 赤ちゃん関連の祝い事

お食い初め(おくいぞめ)

お食い初め(おくいぞめ)とは、生後100日(または110日、120日)に行う赤ちゃんのための儀式の一つです。子供が一生食べ物に困らないように願う儀式で、初めて母乳以外の食べ物を口にさせます(といっても真似事)。
なお、儀式自体は地方によって違いがあるので、土地それぞれの正式なやり方については年長者の家族や土地の方に聞くとよいでしょう。

 

お食い初め(おくいぞめ)に関する関連サイト

お食い初め(モバ辞典)

 

お食い初め(おくいぞめ)に関するアドバイス

正式には一汁三菜の「祝い膳」が用意されます。尾頭付きのお魚、赤飯、紅白餅、お吸い物などが供されます。ただし、最近では赤ちゃんように離乳食を用意して初めて母乳(ミルク)以外の食べ物を食べさせる日としている家庭も多いようです。

 

母乳の泉 赤ちゃんニッコリブレンド

 

 

 

 

 

 

育児・子育てWebSite